yeah.gif

yeah.gif 知っていて欲しい現代社会

今日はちょっと真面目に書きますφ(*'д'* )

私の家は地方紙(南日本新聞)をとっているのですが、それに書いてあった特集です。


「子どもがあぶない」
〜太りすぎ〜

というタイトル。
ある小学四年生の話で、学校から帰るとビスケット10枚一時間後には好物のハンバーグに餃子、ご飯は大き目の茶碗に大盛2杯。

これを残さず「10分」で食べる。

22:00ごろ帰宅する親を待つ間にポテチを2袋、しめに炭酸飲料


学校までの距離は徒歩3分



この生活を小1〜小3まで続け、気づけば標準体重を14キロ以上うわまわっていた

身体測定で「肥満傾向」とわかり、近くの病院にいき検査の結果、




「このままいくと失明して、足を切らないといけなくなる」


小学生にして血液中の中性脂肪値、血糖値などのすべて高く、
脂肪肝の診断もおりたそう。


※脂肪肝とは・・・処理しきれなくなった脂肪が溜まって,肝臓が腫れてくる病気
脂肪肝は、そう恐い病気でもありませんが、肥満(食べ過ぎ)が原因で脂肪肝になった人は他の成人病の心配が伴います。
脂肪肝はそのままカロリー制限等の食事療法,運動療法(あとでお話しします)等をしないままに放っておいたりしていると,肝硬変などに移行することにもなります.


このような恐ろしい診断を突きつけられた彼が一年後、
身長は3センチ伸びたが、体重は39キロだという。


それは医師からいわれた生活習慣の見直し



●午後9時以降の飲食をしない
●20回かむ
●野菜を多く摂る
●ジュースを飲まない



これに加え、週一回の水泳。
家での食事は野菜を多く使う和食が中心に。
成長期の子どもが制限でかわいそうにも思えたが、
結果彼の口から笑顔とともに出た言葉は

「体が軽くなって、技も決まるv(=∩_∩=) 」




子どもでも大人でもいえること。


現代は摂取過多なのに運動不足。

そんなことを象徴する記事でした。
彼がしていたダイエットは今、私たちが基本にするべき項目であるような気がしてこの記事を引用しました。


大人も子どもも基本は同じ。
いつも原点を見失わずに、健康的な痩せ方をしていきましょう。




最後までありがとうございました。

ランキングも参加中です
ブログランキングバナー  にほんブログ村 ダイエットブログへ
この記事へのコメント
本当にね・・・。子供は親が出した物しか食べれないんだから親が考えないと☆
この逆もあって、親が見栄の為ダイエットを強行、子供の分を別に作ればいいけど、同じ物を強行。
全然、肉や骨、脳味噌が形成されない。切れやすい子供になる。
そんなものしか食べささない親に限って怒鳴るから・・・。自分が親になった時、気を付けねばって思います。ホント
Posted by nanase at 2006年07月05日 16:36
はじめまして
私もブログランキングに参加しているパーソナルトレーナーです。
いつも記事は拝見させてもらっていたのですが、今日のはインパクトありました。将来を考えると大なり小なりこのような状況にあると思います。私も主婦層のクライアントさんにはお子さんのこともひっくるめて食の大切さを説いているところです。
これからもダイエット情報を世に配信して行きましょう!
応援クリック完了です
Posted by リーンボディズ at 2006年07月05日 21:09
nanaseさん
この記事の次の日は「痩せすぎ」についてでした。
ほんとに今時代に流されて、不適切なダイエット、
食生活になっているようですね。
私もnanaseさんと同じように、親になったときに
しっかりしないとって思いました(⌒^⌒)b 


リーソボディズさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
本当にこれからの自分たちのためにも、子どもたちのためにもしっかり心に留めておくべきことですよね。
健康的なダイエット、がんばりましょう♪
Posted by 管理人 ゆきっち at 2006年07月06日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダイエットと食事
Excerpt: 空腹感を感じない本当に魅力的なダイエット法です。たんぱく質をしっかりとるので筋肉が衰えません。 様々なダイエット法が流行しましたが、どれも ...
Weblog: ダイエットと食事
Tracked: 2006-07-06 10:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。